脂肪が燃焼されやすい

スロージョギングがなぜダイエットに注目されているのかが分からないという人もいるのではないでしょうか。
どうして速く走れるにもかかわらず、ゆっくり走るという方法がこんなに効果的なのか疑問に思う人もいるでしょう。

毛細血管を増やす効果がある

毛細血管の働きというのは、酸素や栄養を体の隅々まで運ぶという働きがあります。
スロージョギングによって毛細血管が増えるようになると、もっと効率的に体に酸素や栄養を運ぶことができるようになり、エネルギーが消費する効率が上がっていきます。
エネルギーを効率よく使えるようになると、天敵と呼ばれる脂肪を燃焼しやすくなります。
脂肪が燃焼されるようになるとダイエットの効果が高まってきます。
毛細血管を増やすことは健康的にやせるためにも必要なことです。

脂肪を効率よく燃焼する効果がある

やせることにつなげていくためには何といっても脂肪を燃やすことが重要になってきます。
スロージョギングなどで運動を行うと、エネルギーを消費します。
具体的なエネルギーと言えば糖質やタンパク質、脂肪になります。
運動を行うためにはこれらのエネルギーが原動力になります。
運動をする時にまず使われるエネルギー源と言えば糖質になります。
糖質が使われてからやっと脂肪がエネルギー源として使われます。
よく短時間の運動では脂肪が燃焼しないから効果的でないというのはこういう理由があるからです。

スロージョギングでは脂肪が消費しやすい

実は糖質と脂肪は運動の強度などによって使われ方が全然違ってきます。
スロージョギングに関しては糖質よりも脂肪のほうが使われやすいという現状があります。
結果的には、速く走るよりもゆっくり走る方が脂肪の燃焼効果が高いわけです。

スロージョギングはダイエットに効果的

スロージョギングはきちんとした方法で走ることができれば、毛細血管を増やす効果があるために、エネルギーを消費することにつながり、短時間でも脂肪の消費につながっていきます。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP